いつも心に

手越くんが宇宙でいちばん好き

ask回答。

askの答えを投稿しようとしたら長すぎて無理だった…!ww
ので、こちらに上げました…スルー推奨です…







かんちさんは他メンの歌唱力やバラエティー力をどう思いますか? 歌やバラエティーに関して厳しいテゴ担さんの意見を聞きたいと思い、質問させていただきました。





質問ありがとうございます!回答までお時間をいただいてしまい、ごめんなさい。
とっても難しい質問!笑
書き始めたものの、まだどういう切り口で始めようか迷っています。

まず、歌唱力とはそもそも何なのか。その定義が私の中で非常に曖昧です。質問者さまも、世の中のひとたちも皆、確固たる「歌唱力」という定義はお持ちじゃないんじゃないかな…
なんて、思うほどに歌唱力とは何の力なのかとすごく考えました。
音楽というものは数値化出来ない非常に曖昧なものです。
本来記録することも残すこともできない、その場所その瞬間でしか共有できない一瞬の芸術です。それから、受け取るひとの「主観」「感性」「好み」などなどが入ってきてしまう。そして恐らく「歌唱力」には「表現力」も含まれてくる。
これは手ごわいですよねwだって、100人いたら100通り答えがあるでしょう?難しいーー!


……そんなこと聞きたいわけじゃないですよね。進めましょう。歌唱力の定義を一度決めたいと思います。
急にまた余談ですが、私の師匠は「音程」「リズム」そして「音色」。それしか言葉にして指摘しないひとでした。話すことが苦手で、表現のことになると喋らずに自分が演奏して聞かせるという、なんとも職人のような。それが通じない、理解できない生徒は早々に面白くないと去っていったりして。ものっすごい演奏をすぐ隣で聴くことが出来るのがどれだけすごいことなのか理解できない子たちは、かわいそうだと今でも思っています。
さあ、だから、私の土台は、「譜面どおり」と、「良い音色」このふたつです。このふたつ、実は出来て当たり前のことなのにプロを目指すひとですら出来ないことが多い。その先のことばかりに目がいくんですよね、「表現」することに。なので、私の基準である「譜面どおり」と「よい音色」で判断していきたいと思います。
ちなみに、「譜面どおり」とはそのままなんですが、正しい音程、正しいリズム、正しい一定の速度で、正しいアーティキュレーションで、演れるかどうか。それだけです。
あ、そして、ゆうや以外の、というお題ですがゆうやも含めて書いても良いですか?その方がフェアだし!笑




結論は4人とも全然だめです。不合格!(何に


しげあきは、音程に関しては恐らく正しい、正しくないはわかってると思っています。あとはどうすればいいかを叩き込めば変わると思うんだよなぁ。それよりもリズムとテンポが非常に気になる。皆さん周知の事実だと思いますが、しげあきはテンポがどんどん速くなるでしょう?どんどんリズムが転んでいくの。これはでも矯正する方法はたっくさんあるので、そういう練習をしてほしいなぁと思う。
いくつかあげると、まず例えば4拍子だったら、1、2、3、4ってカウントを取るのではなく、最低でも倍の8カウントを1小節で数えないといけない。1拍目と2拍目の間は当たり前ですが1拍分の時間があるわけです。その間の感覚は人それぞれなのでやっぱり早くなったり遅くなったりする。最低でも倍で八分音符を、できれば4倍の16分音符を常に感じていなければ確実にテンポはずれます。
そして、しげあきは特に「休符」を感じられないのだと思います。お休みのところを自分の中で同じようにテンポを刻んでないとどんどん速く短くなっていって、次の入りがずれる。休符も音符と同じだけの時間が発生する。これが分かれば何をすればいいのか分かると思うけど、その感覚かなぁ。


けーちゃんは、音程が正しい正しくないが分かっているのか微妙に掴みづらいんですけど、ずれて入って、最後の最後でちょっと近づいた…!みたいなときはあるし、そして例えば低かったものを一生懸命上げようとしているのは伝わるのでわかってはいるのかな。
誰でもそうですが、音程を正しく取るって、もう耳でしかないわけです。合ってないことが悪いとかじゃなくて、正しい音程とどれだけどう違っていて、それを修正する方法を知っているか、それだけです。
正しい音程にどれだけ早く近づけられるか。この訓練をやろう!(誰
具体的にどうしたらいいのかって困るんだけど、自分の音を聞くしかないんだよね…最初は自分が出した音と正しい音を同時に鳴らして違いと合わせ方を覚えるとかかな…簡単なようで難しいな…


しげあきとけーちゃんは、さらにまず一定の音程で、音量はフォルテで、何より良い音色で、4拍でいいので声を伸ばし、保つ。これを繰り返しやってほしいと思っています。たった4拍、されど4拍。ブレずに一定でかつ良い音色で保つというのはとてつもなく難しいです。
きっと最初は4拍も出来ないかもしれない。これが出来るようになったら、プラス2拍、プラス4拍と長さを変えたり、音量をフォルテシモにしたりする。音量をピアノ、ピアニシモにするのはそれが出来てから。これはフォルテでやるより何倍も難しいからね。そういうのやろう!!



タカは、ほんとにどんどん成長していて音程に関してゆうやよりも安定して正確だったりしますね。これが出来るようになったこと、本当にすごい成長だなととてもうれしいです。
タカは跳躍したときよりも隣り合わせの長二度、短二度、があまり正確でないときがある気がします。音階を上がったときはずれても、下がってきたときは戻せたりするのできっとそれも自分で気付いているんだと思います。「ドとレ」と「ミとファ」は同じ隣あわせの二度ですが、入っている半音の数が違います。それが長二度と短二度。音程の幅が違う。これを意識していくともっともっと音程の「真ん中」を取れるはず。ピアノの鍵盤を見れば視覚で手っ取り早くそれが理解できるはずなので、一度そのへんを徹底的にやってみたらどうだろう(だから誰
それから、タカは舌が長いのもあって発音するのが苦手な言葉がありますよね。今回のツアーで一番気になったのは「さしすせそ」かなぁ。日本語って他の言語より歌うの難しいと思うんですが、さしすせそをきちんと日本語として発音しつつ、音として成立させるのってものすごく難しいですよね。
さしすせそを言うときって口の中の形が平べったくて狭くなりがちなので、喋るときと同じ口の中の形だと音が響かない。音を優先すると、さしすせそに聞えない。…難しい!
初日からオーラスまで、Mr.WHITEの冒頭タカのソロの「消せない色なんてない」の「せ」がずっと気になっていました。「せ」をどうしても省略してしまうというか、抜かしてたんですよね。「け…ない色なんてない」みたいな感じ。これはわざとそうしてるのか、出来ないからなのかが最後までわからなかったんですが、オーラスまでブレずに「せ」は聞こえませんでした。わざとだったらごめんねwわざとだったらもちろん良いんですが、わざとじゃないなら問題かも。「け」と「せ」が同じ音程というのも非常に難しいポイントだと思うんですが、こんな細かいことを気になってしまう気持ち悪い観客もいるのです…苦笑
でもそれは、タカだからです。私が何度も言う、「譜面どおり」にやれると思ってるから。音程やリズムのことを言わなくていい、それ以上のことを求められる。プロなら普通だと思いますが、それができる幸せ。タカだからです(大事なことは2回言う

それから(まだある)タカを鍛えていいよってもし言われたら、(…言われないのはわかってますがお付き合いくださいw)
さっきしげあきとけーちゃんに最後に書いた、フォルテで4拍伸ばすの、やってほしいです。タカって踊らずに歌うときすごく動作が大きいでしょう?それが感情表現となって訴えかけるものも確かにあるんだけど、それをもし封じたら同じ歌が歌えるのか否か。どう思いますか?(聞く
例えば肩をしっかりと誰かに持たれた状態で本気で全力で歌えるか。涙が出るほど心が震える歌が歌えるか。これ一番やらせたい。これが出来たら絶対変わるよ…!本当はまだまだまだまだ歌い終わりのバリエーションとか、歌うのやめるのとか、いっぱいあるんだけどこのくらいにしとくねタカ!!!!



最後にゆうやは、うーん、、このひともその譜面どおりは出来るのでその点は特に言うことはないです。タカとは逆に、跳躍したときに音程が違っていることがあるのでそこかな。音を出した瞬間に合ってないと意味ないから。それは正しい音程を取れるから言うんだよ。まぁ、、地声でその高さをぽーんと出せって無理があるだろ、っていうとこを歌ってるからそりゃ外すよねと思うけどね…半端ないよね…それを完璧にやろうよ。やってやろうよ…!!と思いつつ…それがとてつもなく高い要求だと理解しつつ…苦笑
あとは踊りながら生歌で歌うこと、踊りも歌も両立させて両方100以上を目指しているんだと思ってるけど、それ半端ないし誰もできないしなんだけど、やっぱりツアーの初めの方はどっちも100じゃないことが気になるかな。最後には100以上になってるんだけどさ…!ソロもそうだったけど初めの方で100だったらもっといい。プロがたった1回のリハで本番やんなきゃいけないことなんてザラだよ。それでも最低100は出さないと。お仕事だから。お金もらうわけだから。

そんな感じでしょうか。ゆうやにはこんな歌をうたえるようになってほしいなぁって夢に近いようなものがあるんですが、それはきっとまだまだ先のことだろうな。だからそれが何かってまだ言わないよ♡



さて歌唱力についてって全然答えになってない気がするけど、いつも全員にここをこうしたらもっと…!!と思っています。そればっかりです。たぶん、昔の名残でそういう見方しかできない……
踊りと歌両立させようとして出来てないんだから、パフォーマンスに集中しろって思われる方もたくさんいるんだろうなと思っています。ゆうやについて。それでも歌うことを選ぶんだから、両方120を出せっていつも思ってる。並大抵のことじゃないけど。それをやるって決めてるんでしょ?じゃあやれ。^^^^^^
そうなると、例えばサビで生歌1人に音源3人ってなったとしたら、圧倒的に1人の音に負けるんですよね。生きた音に音源は勝てない。絶対に。だからバランスが取れない。これが2人と2人になっても同じです。このへんこれからどうするんだろうなぁと思いつつ。これからのNEWSの音が楽しみでなりません。





さて、それからバラエティ力。
これはもっと分からないかもしれない…!どうしよう!笑。4人とも無いに等しいんじゃないかな…?場数が圧倒的に足りてないですよね。。ううむ。

逆にゆうやのことを書いても良いでしょうか……
ゆうやはイッテQにもう何年だっけ、8年くらい?出演していて、バラエティをお笑いを生業としているひとたちの中にずっといて、でも頻繁にロケに行くようになったのはここ数年なんですよね。それまではずっと、ウッチャンの横にいるだけ。昔、あの位置に座ってるのはゆうやの努力の成果だと言う友人がいたのですが、私はその頃からそれは違うと思っていて。ウッチャンの横に座っているのは彼の実力でもなんでもなく、ジャニーズだからだと思います。ただそれだけだと今でも思う。それだけで何年もあの位置に座っていました。でもそれはものすごく勉強が出来る席で。きっとぼーっとしてただけじゃないと思うし。
ゆうやの様子のおかしさとジャニーズだけどいじってもいけそうって分かったスタッフに味をしめられてからはw年に何度もロケに行くようになりました。もうニュアンスすらあやふやだけど、ゆうやが「あれだけのスタッフと海外に行って、その場でロケの内容知らされて、それは出来ない無理ですなんて言えるわけない。」という内容のことを言っていたり、イッテQがやれっていうならやるってそう言ってたりしますよね。やっぱりずーっと傍で他の芸人さんやスタッフが命かけてやってる仕事を目の当たりにしてきてそう思うようになったんだろうし、やらないなんてないのは、そういう皆さんの本気を近くで感じてきたからだよね。
ゆうやは最初からするっと出来ることもあるだろうけど、出来ないこともたくさんあって、驚くほど不器用で。それをとてつもない努力と気持ちと潔さで乗り越えるひとだってこと、ちゃーんとQはバッサリとカットしてくれてw生意気かっこつけ様子のおかしい青年としての手越祐也像を作り上げてくださって、良いスタッフにめぐり合えてよかったなぁとしみじみうれしいです。
見てるひとが大輔さんやウッチャンと一緒になって「かっこつけてんじゃねーよ!」って言って笑ってくれてるの、ほんとにうれしい。あ、ただただ腹立つと思われるひともいるかもしれないけどwそれはそれでうれしいし。担当が草生やされて喜ぶってなんなのって思うけどwゆうやが本気で、大げさでなく身も心も命をかけてやってる仕事をたくさんの人が見てくれることは本当にうれしいし、かっこいいなって思ってます。
最近はバラエティノリが板についてきてwテロップにしたくなるようなことを言ったり、身を粉にしたり、さすがの頭の回転で意味わかんないこと言ったりで安心して見られるようになりました。ここまで8年かかりました。


ここから考えるとやっぱり、にうすのひとたちには圧倒的に経験が足りないですよね。ゆうやに満足もしてないし。芸人さんって圧倒的に頭の回転が速いと思うんだけど、いやアイドルに芸人レベルを求めるのもあれなんだけど、やっぱり欲しいところで欲しい発言とか、欲しい動きとかが出せないってつらい。せっかくロケ行っても見てるひとになんの刺激もないとかありえない。これからたくさん経験していこうね、っていう年齢でもない…これはかなりマズイ……と思っています。
幸いこのところテレビのお仕事がちょくちょくあるので、機会と時間を無駄にしないように急成長してほしいな…!またにうすと仕事したいって思わせる撮れ高が上がるかどうか。1分見て、おもしろくないって思ったらチャンネル変えるよ?視聴者って。
頑張ってほしい。切に。




質問の答えになっていない上にまた長くて申し訳ないです………
きっとまた次のお仕事や次のツアーがあったら変わるんだろうな。そのときには思うことも変わってることを期待して。

ありがとうございました。