いつも心に

手越くんが宇宙でいちばん好き

メジャーデビュー10周年に寄せて。

てごますのこともにうすの新曲のことも何もかも差し置いて、懐古。

たまーに、未だに、ふたりのことを書きたくなったり想ったりするのは、何でなんだろうあんなに腹立ったのに。ね。笑

















いやほんとしつこい女だなと思うしタカと同じく一生言うタイプなのが自分でも嫌ですけど。

しかもあんだけ腹立ったしふざけんなガキかって思ったし今でもちょっと思ってますけど(ほんとしつこい)バカだなぁってそれは今でもすごく思ってますよ。でもきっとずっとぴーさんとりょうちゃんの声が恋しいんだと思うのよ、私は。ずっと寂しいんだと思う。こんなに今の4人に、ゆうやに、愛されてるなぁって思うし何なんだろうこの両思い感ってアイドルにそんなこと思うのすごい気持ち悪いですけど泣けるくらいしあわせで満たされてるって感じるのに、ずっと寂しい。
てごし担なのでアイドルとファンではなく彼氏彼女っぽく例えてみますけど(渋々w)、ぴーさんとりょうちゃんのことすごくすごく好きだったし、ふたりにもにうすと私たちを好きになってほしかったし、いやきっとふたりなりに好いてくれていたし真剣だったんだと思うけど、一度も両思いになった感覚がなかったからなのかなぁこんなにいつまでも寂しいのは。それは二人も同じように感じていた頃もあるかもしれない。一度も想いが通じ合わなくて、タイミングが合わなくて、でも好きだったし今でも好きだから。いつまで経ってもふと、思い出してしまうよ。


でも、2011年10月7日で私の中の二人は止まったままだから、今ふたりがどんなことをやっているのか、どんな歌を歌うのか、どんな顔をしているのか、しあわせなのかどうか、何も知らない。きっとこれからも知ることはない。あんなにテレビに出ているふたりなのに、好きな番組以外を見る習慣がないのでほんとに見かけないしw
4人のにうすが創り出すものを、一緒に二人がやってる姿はとてもじゃないけど想像ができない。と、4人の歌やライブを観ていていつも思う。「やりたいことができない」は真実だったんだろうなぁ。2008年に自分たちでライブを創り始めたことも、抜けたいと思った原因じゃないかなーなんて最近になってぼんやり考えたりしていた。暇だな我ながらw

「やらなければならないこと」を「やりたいこと」にあの頃の6人は出来なかったのかもしれないなぁ。今の4人と、ひとりと、ひとりはきっと、それが出来るようになったのだと思う。今の彼らは、やらなければならないことを自分の夢や希望やヒカリにすることができる。



「今のNEWS」に寂しいとか物足りないとか感じるということでは決して、ない。何回も言うけど、それとこれとは別なのだ。むしろ今のにうす自体にはすごく満たされてるし、しあわせだし、何も言うことがないよ。事務所とレコード会社には言いたいことしかないけど(*´∀`*)
これ、いいか悪いか分からんのだけど、私の「NEWS」はまさに「一度死んだ」のです。ちなみに、私の「KAT-TUN」も一度死んでいます。でも「NEWS」は確かに4人のNEWSに生き続けていて存在している。伝わるかは分からないけど。
それから、今のNEWSがとても好きです。これ以上どう表現したらいいのか語彙力のない私には分からないので好きだ、としか言えないことが悔しいですが、好きです。心から。







…これは何が言いたいとかは特にないエントリなので、ゴミみたいなもんです。気にしないで下さい。


とにかく、メジャーデビューから10年が経ったようです。ひとつひとつマメにお祝いするタイプでもないのだけど、首の皮一枚になって、一回首の皮もちぎれて(グロいからやめて)それでも何とか10年やってこれて、やっとこんなふうになれて、よかった。うん、なんかよかった。そういうときの「なんか」ってほんとに確かなものだ。ふふ^^




さて、うちの小学生ゆうやが持ってきたでっかいタイアップがもうすぐ目の前だ。4年に一度のお祭りだ!って興奮してた4年前、国歌斉唱してくれた4年前、彼がメインキャスターを捕まえているとは思っていなかったよ。夢って叶うんだなぁって、何度でも感動する。とにかく私たちに課せられた使命はCDを買うことだ。いっぱい買うぞ\(^o^)/