いつも心に

手越くんが宇宙でいちばん好き

ジャニーズ楽曲大賞。

さぁ、結果発表も終わってしまいましたが!w(結果はこちらジャニーズ楽曲大賞2017
去年はにうすさんの曲も発表されておらず、投票はしませんでしたが今年はなんとなく参加してみました。このイベントは順位を競うものではなく、一番楽しみなのはコメントを読むことですね〜人にはみなそれぞれの想いがあって音楽が寄り添っている。それを垣間見られるのがとても楽しいです。
自分の投票内容をメモしようと思ってたけど下書きに入れっぱなしにしてたので、今さらあげます…そして色々加筆したらフルスイングだけ引くほど長い!wなにこれ!w







  • 1位「チャンカパーナ
    • やっと出した4人でのシングルは星をめざしてのような誓いの曲でも、泣かせる切ない曲でもなく、意味の分からないタイトルの歌謡曲。メンバー自身が「チャンカパーナ?何それ?」と思い、逆にその引っかかりってすごくいいのではないかとこの曲にしたと語り、加藤くんは「本当の気持ちがつまった『フルスイング』はカップリングにするという美学を貫いた」とも言っていた曲。エンターテイメントと、そしてポップを貫く彼らの姿勢とこの楽曲のもつ面白さが秀逸でした。一度聞いただけで耳に残るイントロとサビ、そして何だか踊ってみたくなる振り付け、大サビの意味の分からなさ、最後にとどめを刺す手越くんの雄たけび。全てが強烈で、意味が分からない。何なんだこれ。彼らが練りに練っただけある、全ての歯車が噛み合った1曲でした。
  • 2位「WORLD QUEST
    • クラブワールドカップのテーマソングとして考えると、サッカーシーンにすごく合っていてよりプレイが感動的に見える曲。披露する機会があまりなかったことが悔やまれます。
  • 3位「フルスイング」
    • メンバーが「本当の気持ちが詰まった曲」と言っていたように、今のNEWSが歌うことで真実味が増し、ものすごい説得力が生まれました。CD音源よりも、彼らが歌う生歌でこそ魅力が分かる曲。
    • 動くにうすが歌っているのを初めて見たのはプレミアムで歌ったときの映像ですが、ずいぶん前に収録したVTRのはずなのに、今目の前で歌っているのかと思ってしまうほど感情や想いが伝わってくる歌でした。それを初めて見たとき、涙が出てきてしまった。「NEWS」のパフォーマンスにそんなふうになったのは初めてでした。やっとにうすにそう思えたことがとてもうれしかったし、もうこの4人なら大丈夫だと思った。でもそのすぐ隣にある感情は、とても寂しかったし、悔しかった。私はきっとこれからもそうやって相反する感情が同居し続けるんだろうなとまた思った一曲でした。
    • あまり面白くないので細かいことはあまり最近言わないようにしているのですがwこの曲はフレーズの始まりがことごとく1拍目がないんですね。ないというか、Aメロやサビはアウフタクトで始まっていて、Bメロは休符で始まっている。サビはアウフタクト+タイでつながった音符で作られていて、小節の頭がほとんど全てない、、ないという表現があまりよくないか…?w肩すかしというか…すかされるというか…?え、すかされるって何…?wよく分かんなくなってきたけどもwとにかく1拍目の表拍に音符がないんです!wもしくは1拍目から始まらない。ヒロイズム曲はかなりそういう作りが多いですよね。アウフタクト好きだねぇ(ニヤニヤ
    • サビが3拍目から始まって4拍目の裏で、1拍目の表を待たずに長い音符に到達しています。本来なら表の強拍に音符の頭がきたほうが気持ちいい。なのに、このサビは全て長い音符が小節をまたぐ前にやってくる。その効果とは、と語りたいところですが、数学のように明確な1つの結論があるわけではないと思うので、私の感覚でですがこのサビが全て1拍目に音がきていたら、全然心がぎゅっとならない気がします。1拍目の半拍前だからこそ心が揺れる。はやる気持ちや、どうしても伝えたい強い気持ち、溢れる想い!湧き出るパッション!……すみませんちょっと盛り上がってしまったw言い方はふざけてしまいましたが、そういうあふれて抑えられない想いがこぼれだしそうな感じが、この半拍前に音符がくるサビのメロディにはありますね。
    • この曲は振り付けがないですが、これまでのNEWSや自分の思いが重なるから4人ともとてもよく動いていて、合わせてもいないのに手を天に向けて伸ばしたり、前に真っ直ぐ突き出したりという動きがシンクロする瞬間が何度となくあったり、地団駄を踏むように感情をこめていたりという姿を合わせて見ると、今までそんなふうに「NEWS」として歌ったことなんてなかったよなぁなんて。そんな曲がにうすに今までなかったこともあるかもしれないけど。
    • Bメロの「苦しくて苦しくて涙流れたなら、悲しみは悲しみで終わりじゃないんだ」は、1拍目が休符になっていて、そこでぐっとスピード感が増しますね。「苦しくて苦しくて」「悲しみは悲しみで」と同じ言葉を繰り返す部分をあえて休符を入れてその後の部分をつめていて、早口になっているようでより感情が伝わる。歌で早口が苦手なゆうやにそこを割り振るだなんてwいやちゃんと歌えてたけどすごい慎重に歌っててかわいかったwそして「想像もできないくらい、感情を握りしめて」の部分だけ、1拍目からフレーズが始まっているんですよね。本当にこの部分だけ。1、2、3、4というカウントと音符がきっちり合うこの4小節がサビへの高まりをよりドラマチックにしているのかな、と思います。ベースラインやドラムのバスドラムと、メロディのリズムが合うとまるでそのリズムが鼓動に合うようで、ドキドキが高まりますよね。
    • サビ終わりの「フルスイングで」は、1拍目が四分休符。ここはもうこの1拍のブレイクでハッとして心がつかまれる。きっとここに音符を入れることだってできただろうけど、あえてサビの一番最後の一番言いたいことを際立たせるために音をなくす。サビでもう最高潮に盛り上がって気持ちも音量も最大になったところで音がなくなるってすごいことだと思うんですけど、そこでなくなることでエネルギーがぎゅっと凝縮されてより高まっている。そして、そこで4人が同時にブレスを取ることで足並みが揃って、最大級の想いを込められる。
    • 歌詞に少しだけ触れると、1番はまだ過去と現在を見つめていて進んではいない、そんな感じがしますね。これがこれまでのにうすと重なる重なる。。2番で文字通り1歩踏み出していく歌詞になっていてその変化がやっぱりにうすだなぁと思いますね。
    • と、誰にも頼まれてもいないことを書いてしまいましたが……!私はどうしても歌詞が聞けなくて、こんなにも歌詞がエモい曲なのに全然覚えられないし歌詞のこと一切触れられないんですが…音としてしか音楽を聞けない私が聞くとこんな感じに思っています…
  • 4位「ワイルド アット ハート」
    • 理由は割愛。パフォーマンスから曲の構成まで素晴らしいと思います!大好き!
  • 5位「LOCK ON」
    • ほんとはチャンカパーナ以外全部かちゅんの曲に入れる予定だったほど、私はかちゅんの曲が好きなんです…!意外ですか!(何も言ってない)入れたかったのはろっくおんと、歩道橋と、わんでいは絶対だなー。ばーすも好きです。これ以上深くは語りません、ご安心を。
  • 未音源化楽曲部門
    • 該当なし
  • 現場部門「NEWS LIVE TOUR 2012〜美しい恋にするよ〜」
    • NEWSとして数年間望んでも出来なかったライブがやっと実現した特別な時間でした。NEWSがそこにいてファンがここにいる、それだけで演出になっていて、それが全てだった、そんなライブでした。だから逆にそれ以上でもそれ以下でもなく「ライブ」としては評価が上がらないかもしれません。それでも、メンバーとファンがお互いに溢れる愛を確かめ合って涙を流した、大切な大切なライブになりました。
    • 「NEWS」に対してこんなライブが見たい、こんなパフォーマンスが見たい、と思い続けていたものが全部実現した彼らのパフォーマンスでした。残念ながら6人以前のにうすでは実現しなかったことを、ひとつひとつ叶えていってくれる今の「NEWS」はやっと「グループ」になったと思うし、やっと大人になったと思うし、何の他意もなく好きだと思います。これからも夢を見させ続けてくれることを願っています。
    • 「NEWS」の終わりと始まり』それがこのライブの、私の中で一番しっくりくる言葉かな。これはまた別エントリで掘り下げたい。とても。
  • コンビ部門「手越祐也加藤シゲアキ
    • コンビと称するのは違うのかもしれませんが、2012年はこの2人の関係性がとても好きでした。同い年で一人っ子で共通点もとても多いのに恐ろしいほどに真逆の2人。美しい2人がそろうとなぜか褒めあい、お互いに分からない部分も多いけど尊敬しあっている感じが面白く大好きです。
  • 自担部門「手越祐也
    • 誰がなんと言おうと。