いつも心に

手越くんが宇宙でいちばん好き

HAPPY 9th BIRTHDAY NEWS。

9歳のお誕生日、本当におめでとう。



9月15日にライブがあって、お祝いができるなんて去年の今日はとてもじゃないけど想像できなかったよ。
でもこうして今ここにNEWSがあって、みんなが笑ってる。奇跡だなぁって思う。ただただうれしいです。














そう、去年は想像なんてひとかけらもできないのに、お祝いのダイアリを書いたことをとてもよく覚えています。前半部分は正直な気持ちを、後半は1%の奇跡にかけた願いのような言葉をうんうん悩みながら書いたなぁ。苦笑。
そのあと、やっぱりにうすにはなんっにもなくて、なんにもないから何も書けなくて、すごく、怖かった。それまでも冗談で言ってたことが本当になりそうで怖かったけど、ほんとに怖かった。そのあとの更新が10/7のことでした。







今日、4人がそれぞれ思いを言っていて、ゆうやが今までのNEWSを隠すつもりもないしそれがあったから今があると言っていました。俺にとっては誇りの9年間でした。って。
しげは、「結成した日に想像した9年後ではなかった。今日までたくさん痛みや傷を負ったけど、でも、今が一番幸せ。一番楽しい。」と。
私も、今のNEWSが一番好きです。いつでもそう。いつも今の、最新の4人が一番。そう思わせてくれるのは彼らがいつも過去より今を、1秒前より今を、全力で超えていくからだと思います。1秒も惜しまず前に進もうと、そして階段を一段ずつ確実にのぼっている。そう思います。
きっと今の形にならなければ、こんな4人にもこんなNEWSにもなれなかったんだと思っています。こうならなければ今が一番しあわせで楽しい、誇りの9年間だった、なんて言えなかったかもしれない。NEWSが4人にならなければきっと、今こんなに見ているひとが幸せな気持ちになるライブは創れなかっただろうし、全力で本気で4人がNEWSに向き合うこともなかったかもしれない。今笑顔でしあわせを感じられるためにはこうなることが必然だったのかもしれない。





必然だったのかもしれない、が、必然だったと言い切れる日がもうとっくの昔にきているとも思うし、まだ先だとも思う。そう思うのは4人の今を見ていると、しあわせで満たされてもう充分だとも感じるけど、至らないところもたくさんあるし、まだまだやれる、もっと成長できるって思えるから。


昨日会場でShareを聞いていて、あぁ今のNEWSにぴったりだなぁとしみじみ思いました。これは今まで言わなかったんですが、初めて披露されたときも私は会場にいて、とてもうれしくもあったけど、6人が同じ気持ちで同じ空を同じ星を見ているとは到底思えなかった。すごくうれしいのに、それ以上にもっともっと寂しくなった。
4人が歌うShareは説得力が生まれていて、心があったかくなったよ。ぴーさんが書いた歌詞は6人にはしっくりこなかったけど、今の4人にはぴったりで、、、今やっとShareは「曲」になったと思いました。
そうやって彼らはひとつひとつ昇華していってくれるんだなぁとうれしく思う。そういうことに出会うたび、NEWSが好きだと思う。




これからも、今が一番好きだと思わせてね。一瞬前を超え続けてくれることを願っています。

9周年、本当におめでとう。来年もまた笑ってたいね。笑っていようね。