いつも心に

手越くんが宇宙でいちばん好き

ミュージックフェア。

早く違う話題を上げようそうしよう。ということでミュージックフェアのこと。
ってね、ミュージックフェア以外のことでキモイくらい長くなったよ…主にてごしゆうやのことだからほんと、疲れるし、おススメできません。そんなに褒めてないので責任も取れません。


だからきっと書き始めるのが嫌だったんだね、私…











1ヶ月以上の間毎週歌うてごますが放送されたこと、本当にありがたい。感謝。
以上。




嘘です。ごめんなさい。


私は音楽を聴くとき、特に初めて聴くときにどうしてもただの音楽が好きな人になってしまうんですよね。それは対象がじたんであるゆうやであれテゴマス、にうす、みすちる、その他私の好きなひとたちであれ、そうなってしまう…。そしてまるで指導者のように、もっとここをこうしたら、ということばかり聴いてしまうんですよねぇ。仕方ないんですけど、だから私は趣味として音楽を聴くことが出来なくて楽しめなくて、ゆうやを好きになるまではほとんど音楽を聞かなかった。
だからほとんど初見・初聴きで絶賛することができない。そんな自分が嫌になることもある。だってみんなと同じテンションで聴けないって結構孤独なんですwでもね、2回3回って繰り返し聴くうちにちゃんとゆうや大好きかわいいかっこいい素敵あいしてるー(*ノ∀`*)ってなるので今はもうそんな感じです。



まず第1夜のオープニングでいきなり流れたテーマソングはすごくテンションあがりますねぇ。途中歌詞があやしいゆうやが映ってましたけどwいつもほんと歌詞あやういとこばっか映るwそういう運は悪くて、悪いことできない感じがいつまで経ってもダサくて私の大好きなゆうやです。
そして先に言っとくけど一番感動したのはざわわを歌うさだまさしさん!歌い出した瞬間に世界が変わった…!ちょっと恋しそうだった。(全曲のなかでそこ…!ww


そしてミソスープはアレンジがとっても素敵で私は好きでした。今までどこで聴いたよりも好きかもしれない。それにしても何年経ってもゆうやは同じところの音程が上がりきれなくて、愛しい子だなぁと思います。皮肉じゃないよ。ほんと、愛しいなぁw(笑うな)weeeekの大サビとかも何年経っても全然音程取れないからもうほんと何回歌ってんだっていうwあーかわいい。
第5夜まで見てこのミソスープを振り返ると、この曲がやっぱりてごますに一番合ってる。いや…当たり前なんですけどもねwそりゃそうなんだけど、しみじみそう思っちゃった。そしててごますの二人が二人で歌ったときが一番素敵だったなぁ。それほどにこの二人は二人で歌うべくして生まれてきたのだとまた思うのです(表現が壮大すぎる)(あ、てごますの話をしてるので、にうすどうこうは一切考えてないですよーそれはまた別の話。)。以前は二人で歌うこと、特にテレビで歌うことが不安でしょうがなかった。歌でやっていきなさいって言われてそれが売りだけど、その二人でさえ実際にテレビで披露する歌は「聴かせられる歌」とはほど遠いことが多かった。でもここまでてごますとして歌ってきて、ライブも経験して、生歌生演奏で鍛えられて、本当にそういう不安がなくなりました。どんな素敵な音楽をみせてくれるんだろうと楽しみでしょうがない。彼らは見るたびに成長していて、もうこれ以上良くならないんじゃないかと思うデビュー曲のミソスープでも、また違った音楽にしてそれをみせてくれる。これこそ私にとって彼らから離れられないひとつの大きな理由なのだなぁと思います。


さぁそろそろ肝心のコラボの方を。今回ガッツリとコラボをした3曲の中で一番よかったなぁ合ってるなぁと思ったのはHIROMIGOとの「言えないよ」だなぁ。歌い出しのゆうやが本当に素敵で、あぁやっぱりこのひとの歌が好きだと思います。あのくらいの音域っていつものてごます曲やなんかにはあまり出てこない低めのラインだと思うんだけど、やっぱり私はあのくらいの音域を歌うゆうやが好き。でも、ますだくんがあの音域歌うとゆうやはかなわないほど素敵だと思うんです。それは本当にそう思う。何か次元が違う感じがする。それでも私はゆうやの低音が好きだ!(知ってる
歌い出し、ゆうやから始まって、ますだくんに移って、HIROMIGOへつなぐ。この流れを聴くとますだくんだけ異質に聞こえてしまいました。今回コラボしたどの曲も「てごます」と「てごしゆうや」と「ますだたかひさ」を消さずに歌えてた。それがすごい進歩だなぁと思う。でも時としてひとりひとり、それぞれの「世界」が1曲を通して、サビまでを通して、という大きな流れや世界を繋げられなかった部分もあったんじゃないかなぁ。何度も歌ってきた自分たちの曲じゃなくて、他の歌手の方と、初めての曲を一緒に演奏するからこそ、気になったんだと思います。
ますだくんがよくなかった!って言ってるんじゃなくて、ますだくんの世界につなげられなかったのはゆうやだし、HIROMIGOがHIROMIGOすぎたのはHIROMIGOだし(わけが分からない)、ますだくんが考えて歌った世界がふたりと繋がらなかったのもあるし、ってことです(どういうこと)。
こんだけ言ったけど、言えないよが一番好きです(*ノ∀`*)説得力ないか?wあとHIROMIGOとゆうやの声が合うね。いいね。それから何度も見てるうちに3人のつながりとか気にならなくなった。だから大丈夫(なにが



夏色に関しては、何年か前にミュージックフェアで歌ったときも、今回も、ゆうやに関しては私の中で0点です。先生として(何の)点数をつけるならね。何がってもう何言ってるか分からんしだからと言って音程も全然違うやんけ/(^o^)\というね。ことです。ゆうや担としてはサビ前にアップになったときに、地声なのに高くて大声になっちゃう自分に目が細くなっちゃってるゆうやがおもしろくてツボですwがんばってるwww(笑うな
この曲はもう、ますだくんが素敵よね!彼の全身から出るかわいさと歌声、言葉をひとつひとつきちんと聴いているひとに伝えられること。すばらしかった。そしてゆーじんのかわいさったらない…!くっそ…wなんなんだあの4人。かわいいが溢れていてもう爆発しそうでした。たまんない。それから本当に楽しかった♪ゆーじんの振り切り方が私は大好きで素晴らしいなといつも思うので、できることなら会場で一緒に盛り上がりたかったです。HIROMIGOとゆずさんで歌ってた「GO!GO!」って言うやつ(曲名で言ってw)も、ゆーじんとHIROMIGOの間に入りたかったもんなー悔しいわー



そして最後の「ひとり」。ハイクで見た直後にポロリしちゃったんですけど、初見の感想は「秦さんとゴスペラーズだけで歌ったのが聴きたい」と思いました。ふふふw違うんですよ、それほどに秦さんがすばらしくなかったですか?!秦さんの声がものすごくゴスペラーズと一緒に歌ったときに、消えないけど邪魔じゃない、化学反応のように何倍にもよくなる感覚。相性がよかったのかな。

アカペラだと余計にだけど、てごますももっともっと色んなことにシビアに、厳格にならないと、そしてできないといけないと思うんですよね。いや充分やってるし出来てるのは承知。これだけの歌手のひとたちと一緒に歌う番組に呼ばれるんだよ。ゆうやも雑誌でそれがすごくうれしいと言ってたけどものすごいことなんですよ。呼ぼうと思われるものすらない人たちだっているわけですよ。だからもう一歩、もう少し上へ、とババアは求めてしまうんですなぁ…。
具体的には、例えば音程。「ド」と言っても幅があって、「シ」に近い「ド」も、「ド#」に近い「ド」もある。ひとりで歌うならまぁいいんですけど、複数で歌うときはやっぱり「ド」のどこらへんを出したかで合わないことがある。合ってないなら即座にあわせなきゃいけないし、もっと言うならぽんって出た歌い出しの音が合ってなきゃいけない。それがまだふたりは合わないことが多い。音程が合ってたらそれでいいんですか?それが上手いんですか?なんて、言いたくなる方もいるだろうなぁーと思うけどね。もちろんそれがそれだけじゃダメです。音程がとれるイコール上手いでは決してない。でもそこが出来てないと他のいい部分まで曇ってしまう。音程を正しくとり、リズムをとり、という「楽譜どおりに演奏する」ということは最低レベルのこと。それが出来ないとスタートラインにも立てないと思ってます音楽に携わるのなら。それができて初めて、色をつけ、抑揚をつけ、自分のやりたいように変えていける。


さぁ本格的にどうでもいい話にそれてしまったけど!w「ひとり」を全員で歌う部分は特に、ゆうやが休符を待てなくて速かったんだよなぁ。今まであんまり思ったことなかったんだけど、最近テンポ通りにできない場面が結構多いなぁ。特に思ってたのは、まほうのときのご当地ソング。ギターを弾くゆうやが速くなる速くなるwあんたそれじゃますだくんしんじゃう!wってくらいどんどん走ってしまってねぇ。冷静に聴くと、聴けたもんじゃない演奏で…すみませんボロカス…。ちのっぴが弾いたのは徳島だけでしたが、ちゃんとテンポ通りだったと思うししやっぱちのっぴすげーなと思いました(そのポイントでw)もしかしたら「ひとり」も、ゆうやのテンポが合ってるのかもしれないんです。でも間違ってたとしてもみんなにあわせるべき。速いって気づいてんのか不明だけど次から気をつけて。
ただ、ゆうやがソロを受け持ったところ。「不思議な気持ちさ」以降ね。この歌を聞いてやっぱり心がぎゅっとなるのです。今まで言ったことどうでもいいくらい、彼の歌を聴くといつもそれ以上に好きだと思う。最近、この感覚が「恋」と同じなのだとようやく気付いた、というか認めたというか。ええ、ええ、キモチワルイのは百も承知です。てごしくんに恋してるの><とかそういうことではなくw彼の歌を聴く感覚は恋、なのだと。


ずっと前に、ダイアリにだったか、誰かとの会話だったかで、みすちるのさくらいさんの歌とゆうやの歌が、私の中で同じ感覚なのです。という話をしたことがありました。もちろん声や歌が似ているとは思いません。ふたりの声は直接頭蓋骨に響くようで、心がぎゅっとなって、時には自然と涙がでて、苦しくて、それ以上に愛しくて、好きだと思う。はーこれはまるで恋。見つめるたーびにー恋!感じたまーまひーとみ!!ですよ。まったく。
ますだくんの歌をそう感じる方もいるでしょう…?やっぱり恋なのですよ。恋。えーと、何の話だったっけ?w「ひとり」ね!wぐちぐちぐちぐちあかんとこばっか言いましたけど、このひとりすごくよかった。あれだけ歌えるんだってこと、じゃにーずに対しての偏見に革命レベルですよ(わけが分からないw)
あとね、ゆうやは裏声で色んな声色が出せたらもっともっとできることが広がると思う。普段から裏声を使うことも多いだろうし素敵なんですが、もっと声楽寄りというか、何て言ったらいいのか分からんけど…もうちょっとてごし色が出ない裏声というか…どんなんやそれ…とにかく、ゆうやも色んな歌い方が出来るようになって、使い分けられるようになって、次、裏声ももっと開拓してほしいと思ったのでした。それができると思うから。できるよ、できる。できる(暗示)。


ひとりの最後のサビでますだくんが低いメロディを歌って、ゆうやがフェイク?を入れるところ。もう終わりの方ね。「Fu〜あなたのため〜yeah〜」みたいなやつ。あれね、あれを聴いてああほんっとこのひとが好きだと思うわけですよ私は。かたや、てごしはもっと引けたら、うるさい、邪魔と思ってるひともいるわけですよ。ふふ…w知ってるよ…思うだろうなと思うし…(怖い)私はメロディと同じくらい、オブリガードが聞こえる演奏が好きです。だからメロディと同じくらいハモリやフェイクが聞こえてほしい。引いて歌って聞こえないくらいのハモリやフェイクなんて意味ない。って思っちゃうのでゆうやが大好き大好物よあたしゃ。
今まで何か怖くて言った事なかったんですけど、私はゆうやの歌を「クセがある」と思ったことがありません。「うるさい」はあるんだけどw「しつこい」もないなぁ。それって多分変なんだろうなと思うんだけど、思わないから仕方ないよねぇw吐息まじりもビブラートも、嫌だとも耳障りだとも思ったこと無い。HIROMIGOにクセがあるなとは思うんだけど、別にしつこいとは思わない…。ゆうやクセがあるってよく言われるけど、例えばクセがない人って誰なんだろう?ほんと、純粋に教えてほしかったりする…w

ここまできたらついでなので書きますが、ゆうやのビブラートも嫌がられたり「すごいねw」とか、言われたりしますよねぇ。私も、ビブラートができたら上手いのかって言われると、違うと思います。ビブラートはひとつの技術でしかない。楽器でも、ビブラートをしない楽器があるし、ビブラートが出来ないと話にならない楽器もあります。私が思うこと、ですが、ビブラートを使う歌や楽器は、まずビブラートをしない音とする音という2つの選択を出来るから表現方法が2倍になる。そして、ビブラートはただ音を震わせたらええってもんちゃうんですよねぇ。ビブラートの早さや、揺れ幅の大きさ(私は深い浅いとよく言います)、を自分でコントロールできないとダメで、メトロノームに合わせてビブラートの速さを変えて練習したりする。そんな練習を歌のひとがやるかは分からないですが、そしてゆうやは感覚と感性でどんなビブラートを使うかを使い分けてる気がするけど、できることによって表現の幅が広がるんですよね。以前はゆうやもとりあえず何でもビブラートかけてたし、速さや深さをコントロールできてないなって思ってました。でもやっと、アルバムの「LIVE」出したくらいかなぁ。だから、なんだ、あいのツアー回ったくらいかな?で、ビブラートをかけないところ、かけるところ、どんなビブラートをかけるかまで考えて歌うようになったんじゃないかな。と、勝手に思っております。そしてそれを聴いて読み取れたときにすごくうれしかった。
あれ、何の話だっけ?wまぁいいか…ゆうやのビブラートのかけ方が私はすごく好きで、こんなに心地いいビブラートにあまり出会えないと思ってます。私の好みだっただけですけどね。ビブラートも人それぞれ個性があるから、かけ方が無理…!/(^o^)\っていう人ももちろんいるわけです。だからゆうやのビブラートが無理!!な人もいるのは当然だよねって思ったら、もう、ゆうやを好きだと思う人が彼のよさを分かっていればそれでいいと思うし、ゆうや担が好きだよと声を大にしていればそれでいいよねと思う(何の話だほんとに



できないから表現が狭いとか言ってるんじゃないですよ。しなくても素晴らしい歌や音楽はたくさんあります。その筆頭がますだくん。なんでそんなに深くて素敵な歌が歌えるんだろうって思う。ビブラートなしなんて話にならない世界からすると、なぜかけないでそんなに表現ができるのかと思うし、それができないからうらやましいのですよ。ビブラートができてしまうと、それに頼ってしまうんですよね。語尾の処理とか、サビに向かう伸ばしでだんだん大きくするときにビブラートを使うと上手くいくし、それなりに聞こえるっていう面もあるから。
ほんと、ゆうやとますだくんって歌でお互いが持ってないもの、出来ないものをちょうど相手が持ってるふたりだと思います。中身もお互いに無いものだけで出来てると思うくらいだけどwゆうやひとりで歌って、歌手としてやっていけるとは思いません。…じたんなのにヒドイか?w今の時点では、と付け足しておこうかなwでも本当にそう思うんだよねぇ。といいつつ、てごしゆうやの歌がたまらなく好きでもあるんですけどね。得意の矛盾ね。だからほんと、ますだくんと歌えてよかったと、本当にいつも歌を聴くたびに思うのです。ますだくんとますだ担の方はどう思ってるのかわからないけど…こちらはそう思っています…(重


ますだくんには、例えば「ド」の音程のジャスト、真ん中を、音を出した瞬間につかめるようになってほしいのと、フレーズの終わりをどう表現するかをもっともっと幅広くできるようになってほしい!と思っています。ますだくんの方がゆうやより成長がすごくよく分かるし、成長してないなんてことが一度もなくて、どんどんできることが増えているし、これからもっと素敵になっちゃうなぁ(*´ ェ`)(´ェ`*)ますだくん♡
ますだくんの話になるとデレしか発揮できないのはなんでなの。曲がりなりにもてごし担。





じゃにーずのアイドルに自分の曲を歌わせるのは共演者のみなさんや、制作側の方々にとっても挑戦だったと思うけど、こういう機会があって本当に本人も私たちもしあわせだなぁと思います。あそこまで歌えるふたりを見ることができた。ほんとにうれしい。
てごますはこれまでもこれからも、当たり前かもしれないけど「歌」しかないと思ってます。初見でてごますファンに「秦さんとゴスペラーズで聴きたい」って思わせないくらいの歌が歌えるようになってほしいし、出来ると思う。…そう思ったのは私の問題ですけども。。もっとできる、もっともっと素晴らしい音楽をつくることができると思わせるだけのものがあるから。
その音楽にまたふれられる日がそう遠くない未来にやってくることを心から願ってます。



さぁ、次はプラスアクト。