いつも心に

手越くんが宇宙でいちばん好き

まほう☆静岡11/13。MC。

あかん、青森も終わってしまったやんか。ということでMCやでー。
ネタバレ。














  • まほうの力でみんなを座らせますよー。
  • てご「…うれしいな、昨日のケーキも食べましたよ!」
  • ます「昨日のケーキ俺描いたんだよ!」
  • てご「おいしかったわぁ〜」
    • ますだくんとかみ合わないてごしくんw
  • ます「ケーキに、デコレーションっていうの?絵を描いてプレゼントして。」
  • てご「そうなんですよ。」
  • ます「ありがと〜つって、さっきマネージャーさんがね、『あ、ケーキ食べますか?』って、てごしに。で、『(ゆうやが)あ、食べます〜』つって、で、『(マネが)写メとか撮ります?』って言ったんだけど、てごし『切っちゃってくださーい☆』ってw」
  • 会場「えー!」
  • てご「…だーって、早く食べたかったんだもんっ」
    • ふくれっ面(*´Д`*)
  • ます「まぁあれ映像に残ってるからね、カメラとかね」
  • てご「そう。おいしかった。」
    • 何を聞いても味の感想のみwwそしてゆうやは食べ物に関しておいしいもまずいもあんまり分かってないだろうからさw
  • ます「おいしかったでしょ」
  • てご「ケーキの上にカラフルなやつが乗っかってて。」
  • ます「…あぁ、あぁ…」
    • そんなことを言われると思ってなかった様子のますだくんw
  • てご「カラフルな粉が。」
    • 粉…!!wカラースプレーはゆうやにかかると粉になるのか!w
  • ます「チョコチップみたいなやつね」
  • てご「そうそうチョコチップみたいなやつ」
    • 二人の口からチョコチップって単語が出てくるだけでかわいい(*´Д`*)
  • ます「のせたのせた。」
  • てご「おいしかったわぁ〜」
  • ます「よかった。」
  • てご「いただいちゃいました。」
  • ます「誕生日当日は何してたんですか?
  • てご「カウントダウン?誕生日当日?11月11?」
  • ます「…ま、どっちでもいいけどw」
  • てご「ww11月11日は、俺仕事してました。朝イチから。」
  • ます「あ、そうなんだ。」
  • てご「そうなのよー。いってきゅーしてたわ。完全にいってきゅーのロケしてた。みやがわだいすけさんと、いもとさんと、祝ってもらって。」
  • ます「へぇー。いいねぇ」
  • てご「それはそれで何か、あったかくて」
  • ます「いいじゃないー」
  • てご「そうなんですよ。誕生日って何か、いいね何歳になっても。」
  • ます「どうですか?24歳なってみて。」
  • てご「24歳なってみて?でもー、俺よく雑誌でも言ってるんですけど、歳を重ねていくことがいいって言う人も、ヤダって言う人も中にはいると思うけど、俺はほんとにマイペースに1年1年毎年めちゃめちゃ楽しんでるから、あ〜22歳イマイチだったなー23歳イマイチだったなーとかは、ない。」
  • ます「へぇー。」
    • 興味なしw
  • てご「だからもう、大満足」
  • ます「なるほどね。」
  • てご「だから24歳もさらに、いい、ちょっと、もっと大人になってね、いい24歳になればいいなぁと思います」
  • ます「26歳になると、大人だから。」
  • てご「……まだなられてないですよねw四捨五入すると?」
  • ます「いや、感覚的に?」
  • てご「そうだねーもう後半になるもんね20代の。」
  • ます「でもすごいよね、会ったときはお互い10代だったのに」
  • てご「10代だからね。多分俺らもそうってことはさ、ここにいる皆さんもね、出会ったころはね、いやぁもうそりゃあもう、僕らと同じような中学生だったり?小学生だったり。もう大人だったり。」
  • ます「26だったり?」
  • てご「そりゃwそりゃたくさん、いらっしゃいますわwでもいいよね!なんかさぁ、一緒に会場で祝ってもらうのもそうだけどさぁ、てごますのファンになってくれて、今年なってくれたとか、みそすーぷよりもっと前になってくれたとか、歴(レキ)はたくさんあると思いますけど、一緒にこう年齢を重ねてさ、いろんなことを経験しいけるって、すごくない?」
    • レキてwヲタクかw
  • ます「…あぁ…すごい?」
  • てご「運命共同体っていうかさ、その関係ってすてきだよね!」
  • ます「……素敵。」
    • 絶対思ってないよねw
  • てご「いえーい^^みんなと俺らの関係、素敵だね(*´∀`*)」
    • ゆうやだけすごいうれしそうでねぇwいやいや、そんなふうに言ってくれるのってうれしいですけどね^^とりあえずゆうやが幸せそうでうれしそうだからいいの。それだけで^^みたいになったよw
  • 会場拍手。
  • てご「だってみんなね、1年前の俺らのことも知ってるし、2年前の俺らのことも知ってくれてるわけだから^^いいよぉー」
  • ます「いつぐらいなのかな?!……あのほら、じゃあ、聞いてみたいと思うんですけど、てごますがてごますとしてなる前から知っていた、ひと。」
  • てご「あーでも半分弱くらい」
  • ます「そうだね。じゃあみそすーぷでデビューしたから知った人。…おー。じゃあ、未だにそんなに知らない…」
    • この質問好きだねwそして笑いにもっていくねw
  • てご「何となくついてきちゃったみたいなねw俺の彼女がよー、てごます好きだからついてきたぜ(吐息)みたいな」
    • だからなぜあなたの例えはそんなにいきってるのw
  • ます「いるよ?たまにいるよ?」
  • てご「カップルもうれしいよね!俺カップルに聞いてみたい疑問があるの。」
  • ます「はいはい」
  • てご「例えばさ、自分に彼女がいます。で、大好きなわけよ自分は彼女のこと。でも彼女が、例えば、」
  • ます「俺のこと好きとかね」
  • てご「まっすーのこととか、『まっすー♡』っていってるのとか見て彼氏は嫉妬しないのかなとか。」
    • 何か思わず吹き出しちゃったのは私ですwごめんねw
  • 男「しなーーーい!!」
  • てご「あっはっは!wおっきー男だね!!グーグーグー!すばらしいわ!いや人間おっきいよ」
    • グーグーグーてww古いってw
  • ます「うれしいね」
  • てご「そう言ってくれんのうれしいよね!それは別だぜ!みたいなね」
  • ます「でもアレだからね、芸能人としてみたいなとこあるじゃないwね?w実際ほら、ね!…まぁいいわ」
    • どうしたw分かるけどw実際のオレはそんなもんじゃないぜってことよね?(ちょっと違うw
  • てご「うれしいよね」
  • ます「うれしいよね。たまにいるよね、街中でこう『わ〜!』って来てくれて、カップルで、彼女の方が『握手してください』って来てくれて、ありがとございますーって握手して、で、彼氏のほうもかなーっていこうとしたら、」
  • 『いや、俺はイイッス。俺はいいんで彼女としてやって?』みたいなカッコイイ彼氏を熱演w
  • ます「みたいなw」
  • てご「かっけーな」
  • ます「かっけーな彼氏っていう。ま、俺は『ありがとうございます(ええ声)』みたいにその彼氏の上をいくかっこよさで帰るけどね」
    • ますだwそれ言わなきゃいいのにw
  • てご「でもいいよね〜カップルで来てるとのほほんてするよね」
    • カップル=のほほん、ってよく言うけど何かちょとしっくりこないわーw
  • ます「そうね、おれ、らが、カッップルみたいなもん、だからさー」
    • 噛みまくるw
  • てご「あの、大事なそういうとっこ、でさー、噛むのやめて?ふっふっふw」
    • っていう君も噛んでるけどな!w
  • ます「甘噛みね」
  • てご「甘噛みちゃん」
  • てごますが30くらいになったときのちゅっちゅっちゅ、アルバム。構想はもうある。曲の中に『ビール』とかがあって、「わっしょいわっしょい!」みたいな部分が出てくる。「そーっりゃそーっりゃそーっりゃそーっりゃ!」と二人で盛り上がるwそういうのもできるようになってくるかもしれない。
  • アルバムのタイトルをみんなが予想してくれてたのがうれしい(ゆうや談)ヲタクを把握してるゆうやいやだわーw
  • 最初は「てごますのうた2」にしようと思ってた。
  • 会場「……ぇええええ…」
  • てご「…よかった!それにしないで!!w危ない危ない!wあぶねーw」
  • てごますのうた、はフルアルバム、それ以外のミニアルバムとかを「うた」以外のものにしようかという案もあった。でも毎回変わっていくほうが楽しいよねって事でまほう。
  • てご「でも正解だよね。もしツアーがあったりしたら飾りつけとか変えられるじゃない」
    • 飾りつけwwお誕生日会じゃないんだからw
  • ます「もしてごますのうた2にしてた場合、(セットに)2とかいっぱいあった可能性あるからね。」
  • てご「2だらけ」
  • ます「2だらけ。このあれも2の形だったかもしれないしね」
  • てご「ステージも2の形だったかもしれないしねw」
  • ます「ふふwwあっち行くの大変になっちゃうねw」
  • てご「大変なっちゃうwよかったね、まほうでw」
  • ます「まほうでよかったわw」
  • レコーディングも長かった。たなばたまつりから考えるとめっちゃ長い。
  • てごますとして活動すると音楽番組も普段出ないようないろんなものに出る。
  • てご「みゅーじっくふぇあとかさ。ああいうコラボレーションってめちゃめちゃおもしろくない?」
  • ます「おもしろいね。あの、渡りろうか走り隊の、」
  • てご「あれなんかさ、」
  • ます「あれwwいっこ言っていい?w」
  • てご「うん」
  • ます「あれ、なんだっけ、」
  • てご「ちょっこっれいとっでぃすこ♪」
  • ます「計算ーするおっとこーのこ!」
    • と、ちょっとあほっぽく歌って思い出す二人wまゆゆとハモる部分まで歌いながら思い出すますだくんwもう分かってるから話すすめておくれよw
  • ます「おねーがいおねーがい、で、えーっと、あのー」
  • てご「まゆゆ?」
  • ます「そう!まゆゆをー、俺がこういつもの感じで、俺はまゆゆにハモってるからまゆゆのこと見てんだけどまゆゆは、『おねーがいおねーがいとどーくようにね(キリッ)(カメラ目線)』って。…俺なんかこう…」
    • まゆゆの真似が面白かったですwってますだくんも気付いてたんだね片思いみたいになってることw
  • てご「www振られた男子みたいなw」
  • ます「振られた男子みたいな。すげー片思いみたいな感じになっちゃって」
  • てご「すげー年下に振られた、妹に振られたみたいなねw」
  • ます「後輩、後輩、いっこしたの後輩に声かけたら振り向いてもらえないみたいな」
    • なんでいっこしたとか具体的に言い直したの?w年齢は実際もっと違うでしょ?wますだくんもだんだん話が具体的になってきたねぇw
  • てご「いやーでもおもしろかったね!みゅーじっくふぇあとかってさ、絶対に絡まない人とコラボレーションできるじゃん。この前の少年倶楽部だったらすきますいっちさんとかさ。みんな見てくれましたー?コラボってどう?おもしろいですか?やっぱり」
  • 会場「おもしろーい!」
  • てご「おもしろいんだやっぱり^^やっていきたいよねー色々」
  • ます「やっていきたいね」
  • てご「すがしかおさんとか、最初たにむらしんじさんとかさ。あと、てごますとcolorさんと10分くらいのさ、二人組みアーティストのメドレーとかもやったことがあって。緊張すんだよね!あれね!」
  • ます「あれすごかったね、1回も止めずに全部やったもんね」
  • てご「1回歌詞間違ったりキー的に外したらド頭からやりなおしだからさーすっごいプレッシャーだったよね。ああいうのもやっていきたいよね」
  • ます「やりたいね」
  • てご「どういう人とのコラボレーションが見たいんだろうね?」
  • ます「あ、なかまるくんがやりたいって言ってたよ」
  • てご「…wなに?てごますフューチャリングなかまるゆういち?w」
    • てごますに入りたいのかな、ゆういちw
  • ます「てごますフューチャリングなかむらにしよ、なかむら」
  • てご「はははw間違えちゃったのw」
  • ます「間違えちゃったw」
  • てご「でもなんかね、みんながこれ見たい!ってのやれたら面白いよね、アーティストさんとか」
    • てごしさんはゆういちじゃないひとがいいみたいですwごめんね、ゆういちw
  • 会場から色々叫び声が上がりますが、スルーし、最後にこやしげ!と言われ、それにはさすがに反応する二人。
  • てご「こやしげとやったところでニュースでしょ!ふふふw」
    • ちょっとますだくんにたしなめるみたいにヲタクに言ったのが萌えた。なぜかw
  • ます「てごますフューチャリングこやしげっつってね」
  • てご「なんでだよ!ってw」
  • ます「なんで分かれたんだよ!w」
  • てご「なんで2、2にしたんだよw」
  • ます「なんかあったのかなーってねw」
    • え、何かあったのかなって色々シャレにならないからねますだくんw笑ってるからいいけどw
  • ます「俺らも(=てごます)守ってかないとね!!w」
  • てご「俺らが、『明日っからまた!』って歌ったらこやしげが『YO!YO!』って入ってくるww」
  • ます「YO!YO!!日月日月日月!!!!ってね」
    • にちげつにちげつwwww
  • てご「はっはっは!!wwwwもはやだよ!もはや!ww」
  • ます「もはやw一緒にやろー?><つってw」
  • てご「一緒に歌おうよーう><みたいなwwそんなん面白いよねw」
    • そんなん、がもろ西のイントネーションだった!
  • ます「wwいや面白くないよ、ちゃんとしましょ!」
    • あなたが1番乗ったくせにw
  • てご「多分すごい笑いとブーイングに分かれるんだろうねwなんで?!ってw」
  • ます「なんで!つって。なんで!!つって。」
  • てご「いいねーなんか、やりたいことたくさんあんね!!」
  • ます「…う、え、いや、その話からそういくとなんかちょっとアレですけど」
    • 急にまじめ
  • てご「なんかコラボレーションもしたいし、俺らも24、25になったわけだし、ちょっと人数あんまりこれなくなっちゃうかもしれないけどディナーショーみたいのもやってみたいのよ」
    • 毎回これ推すなーゆうや!w相当だな!
  • てご「ハタチ以上の人はもうお酒で、ハタチ以下のひとはごめんなさーいジュースでーって。こうステーキとかつっつきながらさ、乾杯!みたいな感じで。で、座ってギター弾きながら弾き語りしたり俺とまっすーで。そういうのいいよねー」
  • ます「フッ(鼻で笑うw)俺ギター弾けねぇぜ?」
  • てご「だいじょぶ!タンバリンがあるじゃないか( ̄ー ̄)w」
  • ます「おいちょっと待て!wタンバリンめっちゃむずいんだぞー!」
  • てご「難しいよねー!」
  • ます「俺やっぱギター弾きながら歌ってるとか、ピアノ弾きながら歌ってるとか天才だと思うから」
  • てご「おーおーおー。でも全開のライブのときピアノやってたじゃん?」
  • ます「でも俺歌ってないし」
  • てご「ああwそうだけど。でも弾き語りってね、2このこと同時にやるからね、難しさ2倍じゃないからね」
  • ます「ライブしながらゲームしてるみたいな感じよ?」
  • てご「…正直分かりづらいっす」
  • ます「ちょっともうちょっといい例えがあったはず………だからー、プールで泳ぎながらパン食べてるみたいな?……ちょっと分かんないですねwどんどんわかんなくなりますね」
  • てご「どんどん迷宮入りしてるわ」
  • ます「うーん。だからフンコロガシがー!フンを転がしながらー!………もういいや」
  • てご「ww出てこない感じしたなぁー今」
  • ます「俺も出てこない感じしたんだよ」
  • てご「フンコロガシの時点でやっちゃったなと思ったw」
  • ます「フンコロガシからだったらいける気がしたんだけど」
    • ますだくんがフンコロガシって言ったことに衝撃…!wそしてこの弾き語りが難しいってくだり去年も散々聞いたw去年はラーメン食べながらラーメン作ってるみたいだって言ってたもんねますだくんwそして去年も全然例えがわからないとゆうやも言ってたしw
  • てご「いいね。俺らのこういうのもラジオもやってるわけだから磨いてかないと」
  • ます「そうだね。てごますのらじおっていうラジオが。」
  • てご「こっち聞けないのかぁ〜…しずおか聞けないかぁ」
  • ます「大阪ローカルだからね。俺も千葉ローカルでやらせてもらってて。Kちゃんにゅーすとか。Kちゃんにゅーすは聞けるでしょ?」
  • てご「でもいいじゃない?大阪とか関西系の、てごますファンのコミュニケーションでさ、焼いてもらって送ってもらったりとかさ。」
  • ます「コミュニケーションで」
  • てご「てごますのファンの輪が広がってくみたいな。」
    • 焼いてもらってとか言い出してざわざわしてすみませんwヲタク事情把握しすぎだってばwラジオは焼かないけどもw
  • ます「ディスクで繋がるみたいな」
  • てご「ディスクでつながってもらって。そうですよ。」
  • ます「はい。」
  • てご「はい。」
  • 妙な間w
  • てご「ふっふっふw」
  • ます「でもね、こっちでもやりたいよね」
  • てご「やりたいねーせっかくだから。頑張りますねー?」
  • ます「ちょっとね、お父さんとかがラジオ局で働いてたらね、」
    • まさかのコネwいやまぁコネは重要ですけどねw
  • てご「wwてごますどーお?つってね」
  • ます「いい人いるよつって。紹介したい人がいるんだけどって。」
  • てご「…w結婚みたいじゃんw」
  • ます「ふふw」
  • てご「じゃ、ちょっとバンドの皆さんに準備してもらいながら話しますか。昨日てごます、ご飯食べに行ったんですよ。あ、バンドの皆さんスタンバイおねがいしまぁ〜…♡(通じてなかった模様)あのね、なんだっけ、なんとか町、浜松の方。駅からめちゃめちゃ近く。近くにわたみとかわらわらがあった。」
  • 会場、ぎゃー!
  • てご「あ、それは皆わかるんだ。あ!たまちって言うところ?あそこの和食屋さんに行って、てごますとスタッフさんと。昨日はてごますバンドとは一緒じゃなかったんですけど。一緒に言って和食食べて。おいしかったね、うなぎ!」
  • ます「…(上の空だったか?w)うなぎうまかった!」
  • てご「あと、ちくわと!」
  • 会場「ちくわ…?w」
  • てご「ちくわ…?ちくわって人気、、人気じゃないわw名産なんですよね?」
  • 会場「ちがう…ざわざわ…」
  • てご「ありゃりゃりゃりゃりゃーちくわ違うんですか?(超音波)」
  • ます「ちくわ違うの?」
  • てごます「…www」
    • 一緒に笑っちゃう感じが素敵だった(*´Д`*)
  • てご「あの、イベンターさんがね、『ちくわすごいんすよー!しずおかは!』つって。俺らもその概念で食っちゃってるから」
  • ます「イベンターさんじゃないよ、こっちサイドのスタッフさん」
    • そこを指摘するますだくんがもう、実にますだくんでw
  • てご「こっちサイドのスタッフさんかw」
  • ます「いやいやいや、それこそ、俺は色々調べて、歌作ってきてるから」
  • てご「あ、名産のね!そっかそっか、ちくわは入ってないのか」
  • ます「今回はちくわは抜いと!
    • 力強くはっきりといい間違えるますだくんw
  • てご「うなぎ入れた?」
  • ます「うなぎ、まぁ聞いてもらえれば分かる」
  • てご「ははは!じゃあやる?」
  • ます「やろうよ。タイトルが、静岡の君に。」
  • てご「静岡の君に。ふふw」
  • ます「はじめはちょっと名産でいってたんだけど、こういう感じにしてみた。」
  • てご「いいじゃない。」
  • ます「結構いい感じよ。」
  • タンバリン装着。
  • ます「…持ってるだけだから。いっちゃいましょうか」
  • てご「いくわよ!(地声)」
    • また語尾がオネエw

静岡の君に

  • サビ入ったとこのコードをいつも間違えてる気がするんだけどなーwゆうやw
  • ます「はままつぎょうざの曲」
  • てご「すばらしい」
  • ます「ちょっと途中リズムおかしくなったでしょ1回ね」
  • てご「そーお?俺今日ノーミスよ?昨日ミスったけど」
  • ます「あれ、俺のコレのせいかな?」
  • てご「あははwこれね、全国作ってきてるんですよまっすーが。すごいよねぇ!今んとこ皆勤賞だぜ」
  • ます「これだからやめられないよ。逆に」
  • てご「ほんとに、次の箇所で間に合わなかったら、おお…って感じになるんでしょ」
  • ます「もう次の曲すぐいっちゃうみたいなね」
  • てご「そうそうそうwあれ、ない!みたいな。でもここまで完璧ですからね。」
  • ます「作ってきてますよ」
  • てご「静岡にかけてありおかね。いやー韻踏んでますね」
  • ます「YO!Hey!Say!ってへいせいも出してね。」
    • じゃんぷくんと平成7年に餃子の消費量が1位になったことと2こかけてたんですね。
  • てご「すごいでしょ?俺もこれ聞いたとき正直びっくりしました」
  • みんなで、Fu〜〜〜〜〜♪
  • そしたらますだくんがタンバリンをパンパン!て叩くw
  • ます「ありがとうございます。まぁね、色々回らせてもらってるのうれしいなーという気持ちから、少しでもこう、何か届けられたらいいなと思って書いてきました。」
  • てご「いいね。じゃあ後半戦いっちゃう?じゃあまっすー、次の曲の紹介を。」


ということで、本編へ。この日もますだくんの話を聞きながら、くるくる色んな方を向いて顔を見せてくれるゆうやでした。マル♪